効果・効能と副作用

バイアグラにはシルデナフィルと呼ばれる有効成分が含まれています。つまりバイアグラ50mgと表記されているものは、有効成分のシルデナフィルが50mg配合されているということです。

ED(勃起不全)に対する効果・効能があり、バイアグラには血流を良くして勃起を促す効果があります。
よく誤解している人がいるのですが、バイアグラをのむと勝手に勃起したり、効果が持続しているあいだずっと勃起したままになったりすることはありません。性的刺激を受けることではじめて勃起が起こるのです。
また、バイアグラの服用で性的興奮が増大するような効果もありません。なお、効果は空腹時の服用で30分ほどで出て、4~6時間持続します。

医薬品には効果・効能もあれば副作用のリスクもあり、バイアグラも例外ではありません。バイアグラを服用した場合、9割の人に副作用が起こるといわれています。
どういう症状が起こるのかといいますと、バイアグラの勃起を促す効果が出るのと同時に顔面のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻詰まりといった副作用が引き起こされます。なお、バイアグラの副作用は、バイアグラの効果がなくなってしまうのと同時におさまります。副作用で起こる頭痛に対しては、頭痛薬を使用しても大丈夫です。