入手方法

ED(勃起不全)の治療薬であるバイアグラを使用してみたいと、特徴を知った人のなかには思った人もいるのではないでしょうか?ただ、どこに行けば手に入るのか、新しい謎が気になりはじめたという人もいるはずです。
効果が効果なだけに、あやしいお店に行かないと売っていないのではないかと思った人もいるでしょう。

このことに関してですが、バイアグラは病院に行けば処方してくれます。
主な診療科としてはED専門外来や泌尿器科のほか、整形外科や内科に行っても処方を受けることが可能です。併用禁忌薬を使用していたり、バイアグラの処方が不可能な健康状態であったりしない限り、EDと診断されればバイアグラは手に入ります。
なお、ED治療は保険適用外であり、3割負担ではありません。全額自己負担であり、実際にかかる治療費は受ける治療や検査の内容によって個人差があります。

関連資料[バイアグラ | ED治療のイースト駅前クリニック

病院以外では、個人輸入代行業者を利用する方法もあります。ネット通販と同じ要領で、海外製のバイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品の入手が可能です。ただし、信頼のおける業者を利用しなければ、偽造品による健康被害を受けるリスクがあります。
また、病院で処方された薬を適正使用していたのにも関わらず、ある一定以上の副作用で健康被害を受けた場合に治療費が一部負担される医薬品副作用被害救済制度の対象外になってしまいます。

服用方法と注意点

バイアグラは性行為の1時間前に水か清涼飲料水、お茶と一緒にのみます。空腹時に服用した場合には、30分ほどの時間が経過すると作用し、4~5時間効果が持続します。
なお、お酒と一緒に飲むのは問題ないのかと疑問に思った人もいるでしょうが、適量の飲酒では精神安定作用があり、バイアグラとの相乗効果を期待することが可能です。1日にのむ回数は1回までであり、次にのむまでには24時間以上あけます。

ED治療薬のバイアグラをのむ際の注意点ですが、食事と一緒に飲むことはおすすめしません。バイアグラの効果が出るまで時間がかかったり、効果自体が薄れてしまったりすることがあるためです。
空腹時にのむか食後2時間後にのむと良いのですが、食後2時間後にのむ場合は食事量は腹7分目ほどにとどめておきたいところです。

そのほか、バイアグラの服用をはじめたあとに病気にかかった、薬を使用するようになったという人は、バイアグラの処方が不可能な健康状態に自分があてはまっていないか、併用禁忌薬を使っていないか確認してください。
もしもあてはまる場合にはバイアグラの服用により体に悪影響をおよぼしてしまう恐れがあります。もしもこうした変化があって処方不可の人や併用禁忌薬がよくわからない場合には、バイアグラの使用をいったんやめて病院に相談しに行きましょう。

効果・効能と副作用

バイアグラにはシルデナフィルと呼ばれる有効成分が含まれています。つまりバイアグラ50mgと表記されているものは、有効成分のシルデナフィルが50mg配合されているということです。

ED(勃起不全)に対する効果・効能があり、バイアグラには血流を良くして勃起を促す効果があります。
よく誤解している人がいるのですが、バイアグラをのむと勝手に勃起したり、効果が持続しているあいだずっと勃起したままになったりすることはありません。性的刺激を受けることではじめて勃起が起こるのです。
また、バイアグラの服用で性的興奮が増大するような効果もありません。なお、効果は空腹時の服用で30分ほどで出て、4~6時間持続します。

医薬品には効果・効能もあれば副作用のリスクもあり、バイアグラも例外ではありません。バイアグラを服用した場合、9割の人に副作用が起こるといわれています。
どういう症状が起こるのかといいますと、バイアグラの勃起を促す効果が出るのと同時に顔面のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻詰まりといった副作用が引き起こされます。なお、バイアグラの副作用は、バイアグラの効果がなくなってしまうのと同時におさまります。副作用で起こる頭痛に対しては、頭痛薬を使用しても大丈夫です。

バイアグラって?

勃起の機能に満足することができていない状態のことをEDや勃起不全といいます。
性的刺激や性的興奮があっても全然勃起しない人、勃起はするけれど硬さが不十分な人、勃起が持続力が不十分な人、たまに勃起しなくなる人、パートナーが相手だと勃起しない人、勃起するかどうか不安に感じている人など勃起に関する問題を抱えている人の悩みの内容はさまざまですが、こうした症状はすべてEDにあてはまり、治療の対象になります。

EDの治療は病院で受けることが可能ですが、そのために選択される治療薬の代表選手がバイアグラです。バイアグラは世界で最初に製品化されたED治療薬であり、米国で1998年に販売が開始されました。
日本国内で販売が開始されたのは、米国で発売された1年後の1999年のことです。いまではバイアグラに比べて食事の影響を受けにくいシアリスや、効果の持続時間が非常に長く副作用が弱めなシアリスが日本国内で取り扱われるようになっていますが、ED治療薬の元祖であるバイアグラの人気は健在です。

なお、バイアグラという薬の名称の由来ですが、バイアグラはバイタル(vital)とナイアガラ(niagara)をかけあわせた言葉です。バイタルには活力に満ちた、ナイアガラにはナイアガラの滝という意味があり、ナイアガラの滝のように精力が満ちあふれるというような意味合いが込められています。
当サイトではこのバイアグラの効果や副作用、服用方法や服用時の注意点、入手方法を別のページにわかりやすくまとめていますので、興味がある人はそちらもあわせてご覧になってください。